適正な家電リサイクル処理を調べる方法

1.意外と見落としがちなポイント! 遺品整理業者は、適正な家電処理を行っているの?

087405遺品整理業者を選ぶ際に見落としがちなポイントがあります。

それは「適正な家電処理を行ってくれたかどうか?」というものです。
適正に家電を処理するには、「家電リサイクル法」にのっとった適切な処理が必要となります。

家電をトラックに詰め込んでくれたんだから、きっときちんと処理してくれているんでしょ?

もしそう思って処理を一任してしまっていたなら、その家電は産業廃棄物として野山に放置・不法投棄されているか、海外に輸出されているか、ばらして貴重な金属だけ回収されている可能性があります。

このような不適切な処理は、有害物質によって環境を汚染する原因となるため、現在深刻な社会問題として取り上げられています。
もし自分が亡くなった後、使用していた家電がこのような不適切な処理をされ、環境を汚す原因を作ってしまったなら……あなたは、どう思うでしょうか?

故人に気持ちよく旅立っていただくには、「飛ぶ鳥跡を濁さず」という言葉通り、家電品も適正に処理してあげる必要があるのではないでしょうか?

そこで遺品整理業者が適正に家電処理を行う場合、どのような手続きや作業を行うのかをご紹介したいと思います。

1-1.家電リサイクル法は、こんな法律です!

家電リサイクル法一般家庭もしくは事務所から排出される家電製品の内、エアコン、テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機のリサイクルについて、法律として定められているのが「家電リサイクル法」(経済産業所・環境省所管)です。

これは家電製品に使われている有用な部分・材料をリサイクルし、廃棄物を減らし、資源の有効活用を進めるために作られた法律です。

この家電リサイクル法の対象品(家電4品目)を排出し、それを引き取ってくれる業者まで運ぶためには、運搬業者が「一般廃棄物収集運搬業」の許可をとっていなくてはなりません。

この許可を持っているかどうかで、遺品整理で廃棄する家電を適正に処理してくれたかどうか、見極めることができます。
もしも運搬してくれる業者がその許可をとっていない場合には、「一般廃棄物収集運搬業」の許可業者と提携しているのかどうかも、重要な判断基準です。
この許可を持っていない、もしくは許可業者とも提携していないような場合は、不適切な家電処理・廃棄をしている可能性が高くなります。

2.家電リサイクル法に基づき、適正に家電を処理してくれる業者とは?

2-1.家電リサイクル券がもらえたかどうか?

家電リサイクル券の見本また家電リサイクル法にのっとって、適正に家電を処理してくれる業者は必ず「家電リサイクル券」をご依頼者に渡しています。

この「家電リサイクル券」は、家電リサイクル法で指定されている家電4品目(エアコン、ブラウン管・液晶・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)を業者が引き取りする際に発行されるものです。
家電リサイクル券には控えに「お問い合わせ管理票番号」が記載されています。

この番号をもとに、家電リサイクル券センターのホームページから、家電が適正に廃棄されたかどうかが確認できるようになっているのです。
家電リサイクル券が発行してもらえたかどうか?も、適正な家電処理をしてもらえたか知るひとつの目安です。

2-2.家電リサイクル料金を請求されたかどうか?

家電のリサイクルにあたっては、2,000~5,000円程度のリサイクル料金が発生します。通常、遺品整理業者に家電リサイクルをお願いした場合は、このリサイクル料金に運搬料金を加算した金額を業者が請求してくるのが一般的です。
家電をまとめて引き受けてくれたはいいものの、その代金がリサイクル料金として請求されず、他の不用品と一括まとめて代金を請求されたような場合には、家電リサイクルを行ってくれていない可能性があります。

家電リサイクル券発行の有無と併せて、業者が適切に家電を処理してくれたかどうか、判断するひとつの基準として確認するようにしましょう。

  • 「家電リサイクル券取り扱い優良店」かどうかも、ひとつの目安に

確実に家電リサイクルを業者が行ってくれるかどうかを知る方法として、遺品整理業者が「家電リサイクル券取り扱い優良店」に選ばれているかどうかを見るという視点もあります。
「家電リサイクル券取り扱い優良店」とは、一般財団法人家電製品協会が家電リサイクル券システムを正しく理解し、かつ一定の運用実績に達していると認め、協会が推奨している優良取扱店のことです。

kaden遺品整理業者の中では、あんしんネット(東京都大田区)、お仕事人(福岡県小郡市)、キーパーズ(東京都大田区)、プロワーク(北海道帯広市)などが、(財)家電製品協会より家電リサイクル券取扱優良店に認められています。

確実に家電リサイクルを行ってくれる遺品整理業者に、家電処理を頼みたいという場合にはこのような業者を選ぶのもひとつの方法です。

2-3.家電リサイクルを適切に行ってくれない業者は、選ばない

家電4品目もともと不用品回収を主な生業としていた遺品整理業者は、この家電リサイクルを適切に行ってくれない場合があります。このような業者の場合、海外へ輸出してリサイクルを行うと環境に優しい廃棄を行うことを前面に打ち出していることがありますが、それを実際に自分の目で確認することができない以上、それが不法投棄されているという可能性もぬぐえなくなります。

また最近の生活家電は機能が大幅に向上しているため、個人情報を利用した新機能を搭載しているものもあります。このような家電を廃棄する場合で、適正な方法で処理されなかった場合は個人情報が抜き取られて悪用されることも考えられます。

また遺品整理業者が家電リサイクル法にのっとって、適正に廃棄処理を行ってくれない場合には、その他の不用品についても同様に不適正な処理を行っているのではないかという懸念がやはり残ってしまいます。

気持ちよく故人をお見送りし、ご遺族の方が思い残すことなく故人にお別れする意味でも、適正な家電処理を行うことはとても大切なことです。

当たり前の事を、当たり前のように行ってくれる遺品整理業者を選びましょう。

適正な家電処理を行っているか、見極めポイントまとめ!

  1. 廃棄する家電の運搬業者が「一般廃棄物収集運搬業」の許可をとっている。もしくはその許可を持つ業者と提携している。
  2. 家電リサイクル券を発行してくれる。
  3. リサイクル券内に記載された「お問い合わせ管理票番号」で、適正に廃棄されたかどうかが確認できる。
  4. 家電リサイクル料金(運搬料込み)をきちんと請求してくる。
  5. 「家電リサイクル券取り扱い優良店」に認定されていたら、より安心。

たかが家電処理ですが、この基本をきちんと押さえて不用品を処理してくれる業者こそが、安心できる業者です。この当たり前のことをきちんと当たり前に処理してくれる業者を、遺品整理では選ぶようにしましょう。

鷹田了

あなたの遺品整理の悩みを私が解決いたします!

Mind Company(遺品整理マインド)の代表、鷹田了です。2008年から遺品整理、特殊清掃に携わってきました。7年以上にわたる日々の遺品整理、特殊清掃作業において、依頼される方の想い、悲しみ、お悩みに接してきました。
突然の身内の方の不幸に途方に暮れている方に遺品整理人・鷹田了が、「優良業者を見分けるコツ」、「悪徳業者に騙されないための心構え」をこのサイトで解説します。心のご負担が少しでもラクになるようお手伝いできれば、遺品整理、特殊清掃業者選びの指針になれば幸いです。
また「遺品整理のご相談」や「現地無料お見積り」を受付けしております。

遺品整理・特殊清掃マインドtel:0120-176-646お問い合わせ
このページのトップへ
お問い合わせ

tel:0120-176-646お問い合わせこのページのトップへ