新型コロナウイルス除染作業対応いたします。

日本除菌消毒センターでは、厚生労働省、WHOなどの機関が推奨する除菌消毒方法を行っております。

Covid-19について

新型コロナウイルス除染作業について

高齢者施設、病院、スポーツジム、ライブハウス、ホテル、オフィスなどの事業所や戸建て、マンション、アパート等の一般住宅または霊柩車やレンタカーなどの自動車も新型コロナウイルス除染作業対応しております。

基本は拭き上げ作業で除菌消毒いたします。

厚生労働省、WHOなどの機関は次亜塩素酸を含む消毒薬の噴霧の消毒方法は吸引すると有害であり、効果が不確実であることから推奨されておりません。

top1

空間除菌は高濃度なオゾン機で対応しております。

プラズマ発生体を持つ高濃度なECOZON社製オゾン機にて、C/T値を基準にウイルス菌を不活化させます。

top2

床はフローリングでもCFでもカーペットでも消毒いたします。

カーペットなら床に消毒剤を染み込ませて専用の業務用リンサーを活用して除菌消毒いたします。

top3

対応エリア

厚生労働省に準じた除菌作業工程が魅力の日本除菌消毒センターは、関東地区、関西地区、九州地区が対応エリア。

japan-map

無料出張見積もり

関東地区、関西地区、九州地区の対応エリア全域の『一般家庭・企業様』にお伺いして、出張無料お見積もりをさせて頂きます。

mitsumori

よくある質問と回答

「よくある質問と回答」ページでは、実際に当センターへご依頼者様から寄せられるご質問に回答を付けて掲載しております。

faq

厚生労働省ガイドラインに準じた作業工程の料金

PCR検査にて陽性の人が居た場所の新型コロナウイルス除染作業は、次亜塩素ナトリウムなどの消毒薬剤を噴霧器で散布することは効果が不確実であることから行わないこと。そのため、拭き上げ作業が主体となります。

料金表

霊柩車や介護タクシー、レンタカーなど除染作業対応します。

事業でクルマを使われる場合、営業損益を出来るだけ最小限に抑えたいことでしょう。
PCR検査で陽性反応が出た人が活用していた自動車の新型コロナウイルス除染作業を承ります。
また霊柩車も新型コロナウイルス感染のご遺体を運んだ後の消毒作業を承ります。

新型コロナウイルスによって亡くなられた方のご遺体は、基本的に直葬となり火葬の時間に合わせてギリギリまで病院の遺体安置所で保管されることが多く、火葬の時間に合わせて霊柩車で病院へ向かえに行きます。
ここで各地域によって時間は異なりますが、18時以後(夜間)しか新型コロナウイルスにより亡くなられた方のご遺体は火葬されないことも多いです。
この火葬後に必要になってくるのが、霊柩車の除菌消毒作業です。
当センターではご遺体搬送の都合に合わせて、霊柩車の除菌消毒作業を行っております。
作業時間は概ね1時間程度になります。

また、介護タクシー、レンタカーなど日頃、不特定多数が活用する自動車はPCR検査で陽性だった方が使用していた例も多く見受けられるでしょう。
その場合は、スタッフも一般ユーザーも消毒が終わるまで事業で活用できません。
自動車は建物内と違い、カーペット箇所が多く、更に凸凹している箇所が多いので、想像よりも拭き上げ消毒には手間がかかります。
更に専用のリンサーやオゾン機などの機材も必要なことから、私たち業者に作業をお任せした方がより安全でスピード感をもって問題解決できると思います。

予防消毒
予防的な消毒作業も行っております。

新型コロナウイルスの影響により4月から全国に発令された緊急事態宣言。そのため多くの企業がテレワーク化したり、営業自体を休業している。
企業、施設、店舗が営業再開に向けた消毒・除菌作業をサポートいたします。

秘密厳守
秘密厳守

ご依頼につきましては、守秘義務とさせていただきますので口外致しません。予め御了承ください。