0120-176-646
【年間200件の事例】から学ぶ「孤独死対処方法」

特殊清掃にリフォームが必要なわけって?

リフォーム

1.特殊清掃について、また特殊清掃に付随したリフォームについて調べていますでしょうか。

もしくは、家族や親族に急な不幸があり、特殊清掃を依頼したものの、併せてリフォームについても必要との知らせを受け、どうしてだろうと疑問に思って調べていらっしゃるでしょうか。
そもそも特殊清掃という言葉自体、これまであまりなじみがないため、通常のハウスクリーニングや清掃作業とどう違うのかわからないという方もいらっしゃるかと思います。
ご遺体のあった部屋の清掃をハウスクリーニング業者に依頼したものの、特殊清掃業者への依頼が適当とのことで断られたりすることもあるかもしれません。

実際に、特殊清掃とハウスクリーニングとは、どういった違いがあるのでしょうか。

消毒剤の散布

ここでいう特殊清掃とは、ご遺体のあった部屋、またはご遺体の影響を受けた場所に関して、ご遺体由来の血液や体液の影響を軽減して、他の人が支障なくその部屋や場所を利用できるようにおこなわれる原状復帰の作業全般を指します。
ハエやウジ、ゴキブリなどの大量発生してしまっている害虫の駆除や、ご遺体由来の血液や体液、またはご遺体そのものから発せられてその場に充満してしまっている独特の死臭の消臭についてもこの作業に含まれます。

およそご遺体の影響の見られる場所の清掃について、また原状復帰については、特殊清掃業者に依頼するのが適当といわれます。
では、特殊清掃の作業内容は、通常のハウスクリーニングに対して、扱う住居への影響がご遺体由来であるということのほかにどのような違いがあるのでしょうか。

また、作業の実際はどのようなもので、どういった業者がこの作業を請け負っているのでしょうか。
一見、ご遺体の影響のあった場所について、血液や体液を拭き、多少の消毒や消臭を行えば事態は解決すると考えられるかもしれません。
特殊清掃や遺品整理について、その後リフォームが必要な事態と伝えられても、やや大げさ、と考えられる方もいらっしゃるでしょう。

では、なぜ特殊清掃の作業に併せてリフォームが必要になるのでしょうか。
このページでは、特殊清掃で行われる作業の実際について、また併せて必要になるリフォーム内容について説明していきます。
また、現代の日本において特殊清掃が必要な事態が発生する背景についても触れていきます。

2.特殊清掃の作業の実際

特殊清掃では、ご遺体由来の血液や体液の影響を軽減、排除する作業が行われます。
例えばご遺体の発見された場所が畳に敷かれた布団の中だった場合、布団を処分するのはもちろんですが、下にある畳についても処分することが多くあります。

畳の上で孤独死

これは、ご遺体由来の血液や体液の影響が、見た目よりもずっと広く深く及ぶためです。
見た目、血液が1滴垂れているだけの場所でも、実際はその10倍の面積に対して床をはがしたり、畳や床板を換えたり、壁紙を張り換えたりする必要のある場合もあります。
それだけ血液や体液の影響は、見た目以上に広範囲に及びます。
いったん血液や体液が建材に染み込むと、どんどんとその影響は広がる傾向にあります。
こういった影響がある場合、見た目にたいしたことがないと判断して放置すると、その後、建材の腐食が進んだり、独特の死臭を放ち始めたりすることがあります。

特殊清掃

また基本的にいったん建材に染み込んでしまった血液や体液を、表面からのふき取り掃除や消毒作業のみで完全に取り除くことはできません。
放置すると、場合によってはハエやウジ、ゴキブリなどの害虫が、臭いや残ったたんぱく質分に反応して大量発生することにもつながるため、注意が必要です。
また、こういった場合に発生するご遺体由来の死臭は強烈なため、消臭に大変手間がかかります。

これは単に血のにおい、または腐敗臭のみとも異なった、人間の本能に危険を訴えるような激烈な臭いになります。
それまで死臭を実際に嗅いだことのない人にとっては、この種の死臭は数日寝込んだり、頭痛や食欲不振などの体調不良の原因となってしまうほどに強烈なショックを感じさせる臭いになります。

特殊清掃が済んだあと、その場所や部屋に立ち入ったり生活したりする人のためにも、こういった臭いの影響、また害虫の発生の危険は絶たねばなりません。
建材の腐食についても、壁や床そのものの破損や、また2階以上の建物の場合には階下の部屋の天井にまで後々そのまま影響が及ぶことがあるため、慎重な対処と判断が必要です。

梁まで汚染

こういった理由で、特殊清掃の必要となる現場では、壁紙や床をはがしてのリフォームを行う必要がある場合が多くあります。
特殊清掃とは、清掃という名称ではありますが、単に見た目のホコリやゴミをクリーニングするだけのハウスクリーニングとはまったく異なり、建材も含めたご遺体からの影響を根こそぎ除去、建物を一新するための作業と考えると良いでしょう。

通常のリフォームは住宅の機能追加や、見た目の向上のために行われるものですが、こういった場合のリフォームは建物の原状復帰のために行われるものになります。
ですが、例えば経年劣化などが床全体に及んでいる場合は、ご遺体の影響が一部であっても全体について床板や畳の交換が行われる場合もあるでしょう。
特殊清掃のリフォームでも、もちろん見た目について通常のリフォームと同様の配慮は求められます。
そのため、特殊清掃業者自体が普段から通常のリフォームについても請け負っているか、関係のあるリフォーム会社を紹介されて工事をするなどのケースがやはり多くなります。

3.特殊清掃が必要となる事態

日本で特殊清掃が必要となる事態は、やはり孤独死、孤立死の場合が近年では多数見受けらます。
孤独死、孤立死については、社会問題にもなっており、テレビや新聞、インターネットなどでもその死の痛ましさについて取り上げられることがあります。

MEMO
具体的な孤独死、孤立死の定義をここで紹介します。孤独死、孤立死とは、何らかの事情で家族や親戚、地域コミュニティから定期的な関わりを絶つなどして、あまり社会とつながりのない状態でお一人で生活されていた方が、病気や事故、不慮の事態、自殺などによって、誰にも看取られることなくお一人で最期を迎えられる事態をさします。

孤独死、孤立死では、それまでの生活であまり周囲と関わりが無かったという原因から、その死が長いこと発見されず、時間の経過によってご遺体の損傷や腐敗が進んだ状態で発見されるケースがあります。
こういった場合、ご遺体そのものの損傷、また血液や体液による建材の損傷、またハエやウジ、ゴキブリなどの害虫の発生が見られます。
さらには独特の死臭が部屋の空間に長いこと充満したことによる、部屋の建材や調度品への死臭の染み付きが起こっていることも少なくありません。

News

お一人で最期を迎えられ、旅立たれるということ自体がとても痛ましいことであると同時に、こういった亡くなり方や生前の暮らし方によってはその後の現場はより凄惨なものにもなりえます。
孤独死や孤立死によって最期を迎えられる方のなかには、セルフネグレクトと呼ばれる自身の住環境、生活環境への極端な無関心や放置により、部屋や居住場所がいわゆるゴミ屋敷と化している場合もあります。

際限のないモノの収集を行う癖がある、定期的な掃除を怠る、また犬や猫などの動物を度を越して多数飼育するなどの傾向がその部屋に暮らしていたご本人にあった場合、さらに状況は深刻なものになります。
こういった状況を解決し、ご遺体が発見される現場となった部屋を再度使用可能な状態に復旧、原状復帰する作業について、多くの特殊清掃業者は専門知識と技能を持っています。
例えば独特の強烈死臭の消臭には、市販のものよりもずっと強力な科学的消臭剤や、オゾンの効果を使った特殊な消臭機械が用いられます。

また、ご遺体由来の血液や体液の影響を受けた物品や調度品についても、しっかりと梱包した上で現場となった部屋から運搬するなどの、作業についての独自のノウハウを持っています。
特殊清掃はその作業内容の性質、またリフォームや遺品整理などの近接する作業との連携が必要となることなどから、通常のハウスクリーニングよりはやや高額な料金となるケースが多いです。
具体的には1部屋あたり、特殊清掃作業のみで5万円から50万円ほどが基本となり、必要となる個々のリフォーム作業や遺品整理などを併せると100万円を越す場合もあります。
大規模な作業となる場合もあるでしょう。

リフォーム

4.特殊清掃、またもしもの事態について

特殊清掃の必要な事態について、生前に考えておきたいという人はあまり多くないかも知れません。
離れて暮らす家族や親族がいるという人も、まさかの事態について、本人が生きているのに口にするのははばかられるといった場合が多いでしょう。
しかし、日ごろから離れて暮らす人の状況を確認する、またお一人で暮らされる方の体調、必要以上にモノを溜め込んでいないかなどの生活状況への注意など、孤独死や孤立死を未然に防ぐような手立てはまだまだ考えられるかと思います。

またお一人で暮らしている方自身も、日ごろから周囲と連絡を取っておく、一人暮らしだからこそより体調や暮らしに気をつけて過ごすなど、できることは多くあるかと思います。

また不幸にも特殊清掃が必要な事態になってしまった場合も、地域にこういった作業を請け負ってくれる業者が存在するということはとても心強いことです。

遺品整理にしても、特殊清掃の作業にしても、故人の身内が故人の変わり果てた姿を目にしてから自身で行うというのは大変に精神的負担となる事態です。
なかなか体力的に難しいといった人も多いでしょう。
故人を安らかな気持ちで送り出すためにも、特殊清掃業者の利用、また遺品整理やリフォーム作業の依頼は、なくてはならないものといえるでしょう。

5.「特殊清掃にリフォームが必要なわけって?」まとめ

  • 特殊清掃とは、ご遺体のあった部屋、またはご遺体の影響を受けた場所に関して、ご遺体由来の血液や体液の影響を軽減して、他の人が支障なくその部屋や場所を利用できるようにおこなわれる原状復帰の作業全般を指します。
  • 特殊清掃の必要となる現場では、壁紙や床をはがしてのリフォームを行う必要がある場合が多くあります。
  • 故人を安らかな気持ちで送り出すためにも、特殊清掃業者の利用、また遺品整理やリフォーム作業の依頼は、なくてはならないものといえるでしょう。