0120-176-646
【年間200件の事例】から学ぶ「孤独死対処方法」

孤独死も補償の「見まもっTELプラス(見守りサービス)」とは

mimamotte3

1.一人暮らしや離れて暮らす高齢者見守りとは

世界で一番早く超高齢化社会へ突入した日本において、ここ数年で民間事業者が提供している様々な「見守りサービス」が大変注目されていることをご存じでしょうか?
一人暮らしの高齢者が増えていることや、核家族化により離れた両親の健康状態が気になるなど、社会問題となっている「孤独死」を防ぐためにも、この「見守りサービス」が大変注目されております。
「高齢者安否確認サービス」と名付けする民間事業者も多く、このサービスを投入することで、以下のようなメリットがございます。

  • 離れて暮らす高齢者の安否確認を代行していただける。
  • 離れて暮らす高齢者の健康状態を把握できます。
  • 孤独死を防げる。または万一、孤独死した場合であっても早期発見となる。

2.見守りサービスの種類とは

数多く存在している「見守りサービス」ですが、一般的には下記のように様々なタイプがございます。

2-1.センサー探知型の見守りサービス

MEMO
人感センサーが人の動きを赤外線による温度変化で検知します。センサーが反応するとスマートフォン等に通知することもできます。
もちろん、定期的にセンサーの反応をスマートフォン等へ通知することができるので離れて暮らす家族の確認に便利です。
もし、体調不良や怪我等であらかじめ設定された閾値時間以上、センサでの動きが検出されなくなると、システムが異常と判断して見守る側にメールや電話で連絡を行います。

2-2.電話コール安否確認型の見守りサービス

MEMO
決められた曜日、時間にオペレータあるいは、コンピュータによる自動電話システムで高齢者宅の固定電話や携帯電話へ連絡し、安否確認と健康状態等を確認するものです。

mimamotte1

2-3.宅配サービス連動型の見守りサービス

MEMO
配食業者の宅配時や郵便配達のオプションに見守り・安否確認を行ってくれるサービスです。

宅配

2-4.総合サービス型の見守りサービス

MEMO
大手セキュリティ会社などが、「防犯」「火災感知」「非常通報」「救急通報(オプション)」「ライフ監視(オプション)」と合わせて、見守りサービスを展開するものです。通報や異常検出での駆け付けサービスにも対応していることが特徴で、場合によっては健康・医療相談のサービスに対応しております。

警備員

3.不動産会社や家主が悩んでいる問題事とは

アパート経営・マンション経営を行っている家主(大家さん)には多くの悩みがございます。例えば良く伺う話では、以下のような心配事がございます。

  1. 現在、アパートやマンションは空き部屋があるのに、高齢の入居希望者ばかりで孤独死が心配で入居をさせらない。
  2. 市区町村(行政)から敷金・礼金を支払うので、生活保護の高齢者を入居させてほしいと相談されているが、万一亡くなった場合、その時点で市区町村は何も補償してくれない為に、入居をさせて良いのか悩んでいる。
注意
3-1.独居老人の高齢者は孤独死も多くその後、連帯保証人が存在しなければ身内に相続放棄された場合、家主が自己負担で遺品整理や特殊清掃(消臭・除菌)を実費で負担しなければならない。
注意
3-2.生活保護者に対して家財整理(引越し・生前整理)などの費用負担してくれる市区町村(行政)も多いが、死亡した時点で遺品整理の費用も葬儀費用も特殊清掃の費用も行政は何も補償していただけない。そのため、家主が費用を自己負担しなければならない。

4.「見まもっTELプラス」が不動産会社や家主に好まれる理由とは

MEMO
見まもっTELプラス」とは、マンションやアパートの入居者に対して、固定電話または携帯電話に安否確認の電話を自動音声でおかけし、確認した健康状態をメールでご依頼者(不動産管理会社や大家さん等)に報告する見守りサービス。
MEMO
月々僅か1,620円の負担で万一、居室内での不慮の事故(孤独死等)による原状回復・事故対応費用を最大100万円まで補償します。
原状回復・事故対応費用のお支払先は、対応事業者(貸主様・管理会社様等)にお支払いします。

4-1.主なお支払い対象

  • 原状回復費用(修繕、清掃、異臭除去、消毒等)
  • 事故対応費用(遺品整理費用、遺族との連絡のための通信費等)
  • 葬儀費用(最大50万円迄)
  • 補償限度額100万円まで

4-2.「見守っTELプラス」の導入効果とは

  • 独り暮らしの高齢者の入居でも「見守っTELプラス」を導入することで、孤独死の際に家主の自己負担のリスクが減った。
  • 高齢者の入居の際に共益費を2,000円いただき、その共益費から月々1,620円を支払えるので、家主の自己負担が無い。
  • 不動産管理会社としては、アパートやマンションのオーナーに自信を持ってお勧めできるサービスが増えた。

5.「孤独死も補償の「見まもっTELプラス(見守りサービス)」とは」まとめ

  • 連帯保証人もなく身内に相続放棄された場合でも、居室内で孤独死された際には「見守っTELプラス」の活用で家主のリスクを減らすことが可能になります。
  • 数多くある「見守りサービス」ですが、事故や事件の際に遺品整理や現状回復工事まで補償されている代表的な存在が「見守っTELプラス」。
  • 数多くある「見守りサービス」ですが、事故や事件の際に葬儀の費用まで最大50万円まで補償されている代表的な存在が「見守っTELプラス」。
  • 全国の遺品整理や特殊清掃・家財整理のスペシャリストが集まる「一般社団法人 家財整理相談窓口」が運営している「見守りサービス」のため万一、孤独死等の事故が発生した際には、安心して作業をお任せできる加盟事業者が多く存在しております。