0120-176-646
【年間200件の事例】から学ぶ「孤独死対処方法」

完全消臭まで「特殊清掃の流れ」と「必要な日数」とは

オゾン脱臭

孤独死などが発生して「作業の流れが良く分からない?」「どの程度の作業時間が必要なの?」と不安を抱く、相続人様・保証人様・不動産管理会社様・家主様はいらっしゃいませんか?
ここでは大雑把に「完全消臭までの特殊清掃の流れ」を解説致します。
また当WEBサイトは、マインドカンパニー(同)代表:鷹田 了の個人ブログですが、同時に勤務先での仕事も承っております。

1.お問合せから見積完了まで

STEP.1
お問合せ
お問い合わせフォームお電話」にて受付しております。
STEP.2
お見積り
お客様のご都合と日時を合わせてお伺いし、 お見積りさせていただきます。
STEP.3
お見積り金額の提示
その場で手書きのお見積書にて金額をお知らせします。(お見積り時間は約30分程度)
お見積り内容にご同意いただけましたら契約成立となります。

2.作業開始から完全消臭まで特殊清掃の流れ
(最低6日間必要)

STEP.1
作業開始
除菌作業
汚染箇所の清掃
床上の清掃後
荒消臭
汚染箇所の清掃と「荒消臭」からスタート致します。
この時にフォグマスターにて複合型二酸化塩素などで除菌消臭を行い、更に1時間程度、オゾン脱臭作業を行います。
複合型二酸化塩素とは
通常の安定化二酸化塩素は日持ちせずに消臭効果のみで、ほとんど除菌効果は効果ありませんが、複合型二酸化塩素は消臭効果だけでなく除菌効果も効力高く、日持ちする優れものです。
STEP.2
遺品整理
遺品整理
遺品の貴重品
まだ残置物が家の中に残っている場合は、次に臭いが染みついた家財の搬出(遺品整理)を行います。
MEMO
家賃債務保証などのサービスに加入していた場合、残置物撤去(遺品整理)は不動産管理会社指定の業者により作業完了している時もあります。
STEP.3
汚染部の解体など
大工道具
汚染個所の解体
MEMO
汚染個所がフローリングだった場合など、遺体発見まで放置期間が長かった場合など、床材そのものに異臭の発生源である体液が染み込んでおります。
そのため、悪臭の発生源を大工仕事(丸鋸で解体)で除去する必要性があります。
STEP.4
床下も汚染処理
床下の汚染清掃
床下特殊コーディング
遺体発見まで放置期間が長かった孤独死では経験上、床下も体液等で汚染されており床下の清掃を行います。
MEMO
その後で特殊コーディング作業で対応して、異臭(死臭)を封じ込めます。
STEP.5
クロス剥がし
クロス剥がし
クロス剥がし
家中の死臭が広がった範囲の全てにおいて、壁紙(クロス)を剥がして行きます。
STEP.6
ルームクリーニング
 
Before
Before
After
After
キッチン清掃
窓の清掃
注意
家中の汚れにも死臭が染み込んでおります。更に原状回復するためにも退居清掃と同じように家中を隅々までルームクリーニング致します。
※ここまでの作業を概ね1〰2日で完了致します。
STEP.7
オゾン脱臭作業
オゾン脱臭
温度調整
MEMO
孤独死の部屋では通常、3日間程度はオゾン脱臭機を稼働させます。(無人状態にてタイマーで稼働時間を調整致します)
注意
なおこの時、室内の湿度や温度も重要となります。25〰28°程度にエアコンなどを活用して温度調整致します。
STEP.7
3日後にオゾン脱臭機を回収
オゾン機回収
部屋の臭い確認
オゾン脱臭機を回収した時点では、完全消臭出来たのか?家中にオゾンの臭いが強すぎて良く分かりません。
そのため、再び2日後に最終確認へ出向きます。
STEP.8
さらに2日後に最終確認
最終確認
バイオ エアー
バイオ エアーを注入
バイオ エアーを散布
この時点で家中のオゾンの臭いは、かなり薄くなっており容易に死臭がするのか?確認できます。死臭が感じられなければ引渡し、またはリフォーム作業となります。
作業完了

  1. この際、グランバイオ エアー(バイオ消臭剤)を家中に散布すれば、ある程度は生活臭も軽減(取り除くこと)できます。
  2. ※オゾン脱臭では長年に渡って家中に染み付いた生活臭を取り除くことは、かなり難しいです。
注意

  1. バイオ消臭剤の効果が出るには、さらに2〰3日の時間が必要となります。
  2. またバイオ消臭はオゾンと併用すると効果が全くございません。オゾン脱臭の終了後にバイオ消臭剤を散布する必要性があります。

3.完全消臭まで「特殊清掃の流れ」と「必要な日数」とは、まとめ

  1. 完全消臭には最低でも6日間の作業時間が必要です。
  2. 完全消臭まで特殊清掃の流れでは、大工仕事や特殊コーディング、ルームクリーニング、薬剤やオゾンによる消臭作業が必須項目である。
  3. オゾンと併用できないがオゾン脱臭終了後に、効力高いバイオ消臭剤を散布することで、更に消臭効果を高めることが出来る。
見積での注意点
見積の際に「作業にかかる日数」や「特殊清掃の流れ」に必要な作業項目を質問して、きちんと回答が出来なかったなら、完全消臭できない特殊清掃業者の可能性が非常に高いです。
またここ2∼3年は、同業他社のやり直し施工が異常に増えております。多くの不動産管理者様、家主様、相続人様、連帯保証人様などが特殊清掃を業者へ作業依頼したが「まだ死臭がしている」と被害が増えております。にわか特殊清掃業者の存在には気を付けましょう。

仕事で活用する消臭機材、作業道具、消臭剤