0120-176-646
【年間200件の事例】から学ぶ「孤独死対処方法」

特殊清掃現場に良くある床材の種類や床下構造とは

床材

プロの特殊清掃員は孤独死の現場において完全消臭を目標に作業致しますが、床材が汚染されたり、さらに床下も汚染されることが多いことから、良くある床材の種類や床下構造は経験豊富な業者ほど、当然把握しております。
また完全消臭をするためには、消臭薬剤や消臭方法の知識に加えて、このような大工的な知識、技術も合わせて必要なため経験不足な特殊清掃業者では満足な施工を期待できないと思われます。

1.特殊清掃作業に良くある床材の種類とは

孤独死現場で良く見かける床材は「フローリング」「PVCフローリング」「カーペット」「クッションフロア」「畳」となります。

MEMO
当然、プロの特殊清掃員は床材の違いによる特殊清掃作業の流れの違い、作業時間や見積金額の違いなどを把握しております。
フローリング
フローリング
フローリングの上で孤独死した場合、超軽度なら「レブライト」や「シミトップエコ」の薬剤であく抜きする方法で体液を除去出来ますが、通用は丸鋸を活用し解体して汚染箇所を取り除きます。
PVCフローリング
PVCフローリング
接着剤不要で簡単に置くだけでフローリングに見えて、コストも安いことから最近、人気急上昇している床材。コンクリートスラブに直貼りか、根太の上の捨て貼り(コンパネ)に直貼りが多いです。通常はケレン棒や皮すき(スクレッパー)で剥がします。構造上、コンクリートスラブや捨て貼り(コンパネ)まで汚染されやすいです。コンパネが汚染された場合、丸鋸を活用し解体して汚染箇所を取り除きます。コンクリートスラブが汚染された場合、特殊コーディングにて体液臭を封じ込めます。
カーペット
カーペット
カーペットの上で孤独死した場合、カッターなどを活用して汚染箇所を取り除きます。またコンクリートスラブの上に糊付けしていることも多く、この際は体液が染み込んだ糊もきちんと除去する必要性があります。
クッションフロア(CF)
CF
クッションフロアの上で孤独死した場合、カッターやPタイルスクレーパー などを活用して汚染箇所を取り除きます。こちらもコンクリートスラブの上に糊付けしていることも多く、この際は体液が染み込んだ糊もきちんと除去する必要性があります。
注意
慣れている業者なら問題ありませんが、パッと見た目はフローリング調のCFも多く、見積の際には床材を見間違えないよう注意しましょう。
汚染された畳
畳の上で孤独死した場合、「手カギ」と言う道具やマイナスドライバーなどを活用して畳をまくります。この際に汚染された畳は、ストレッチフィルムなどを巻き付け搬出いたします。
その他
  1. 部屋ではなく土間ならコンクリートスラブ
  2. 古い住宅ではPタイルも良くあります。
  3. 玄関の床や風呂場、キッチン、洗面台などの水回りに使用されていることが多い石材(人工大理石)

2.特殊清作業で良く見かける床材の下はどんな構造なの?

「フローリング」「PVCフローリング」「カーペット」「クッションフロア」「畳」などの床上で孤独死した場合、当然発見が長引く程、床下まで汚染されてしまいます。

MEMO
そのため、プロの特殊清掃員は、床下はどんな構造なのか?当り前ですが把握しており、床下の構造による特殊清掃作業の流れの違い、作業時間の違い、見積金額の違いも同時に把握しております。
根太
汚染個所の解体
フローリングやCF、PVCフローリングの下などは根太も多いです。また根太とフローリングやCF、PVCフローリングの間には、捨て貼り工法(コンパネ)も多いです。
MEMO
孤独死された床材の下が根太だった場合、体液や血液を良く吸い込むため、汚染があまり広がらない特徴があります。
パーティクルボード
パーティクルボード
フローリングやCF、PVCフローリングの下などはパーティクルボードも多いです。またパーティクルボードとフローリングやCF、PVCフローリングの間には、捨て貼り工法(コンパネ)も多いです。
注意
孤独死された床材の下がパーティクルボードだった場合、体液や血液は表面上を流れてしまい、あまり吸い込まないために汚染が広がってしまう特徴があります。
コンクリートスラブ
コンクリートスラブ
フローリングやCF、PVCフローリングの下などはコンクリートスラブも多いです。また2階以上の住まいには防音対策のために、コンクリートスラブへ「直貼り工法」に使用するフローリングの裏面には緩衝材(ゴムやフェルトなど)が貼られていていることも多いです。
注意
  1. 孤独死された床材の下がコンクリートスラブだった場合、フローリング剥がしの取り残しである緩衝材(ゴムやフェルトなど)にも汚染されてしまい、これらを良く取り除く必要があります。
  2. コンクリートスラブ自体が汚染された場合、強度の関係上、マンションなどの規約ではコンクリートの研磨が認められません。したがってプロの特殊清掃員は、各社独自に開発した特殊コーディングを行い汚染箇所の悪臭を封じ込めます。
発砲スチロール
発砲スチロール
フローリングやCF、PVCフローリングの下などは発砲スチロールも時々ございます。但し床下が発砲スチロールにあたる確率はかなり低いです。
注意
孤独死された床材の下が発砲スチロールだった場合、汚染された発砲スチロールを取り除く必要があります。

3.まとめ

  1. プロの特殊清掃員は、床材や床下構造の違いによる特殊清掃作業の流れの違い、作業時間や見積金額の違いなどを把握しております。
  2. プロの特殊清掃員は、床材や床下構造の違いによる汚染の広がり方を、ある程度は予測しております。
  3. 完全消臭には、大工的な知識、技術も多分に必要です。
特殊清掃業者選定での注意点
またここ2∼3年は、同業他社のやり直し施工が異常に増えております。多くの不動産管理者様、家主様、相続人様、連帯保証人様などが特殊清掃を業者へ作業依頼したが「まだ死臭がしている」と被害が増えております。にわか特殊清掃業者の存在には気を付けましょう。

上記作業で活用する薬剤と作業道具

created by Rinker
¥36,025 (2021/09/23 05:03:08時点 楽天市場調べ-詳細)