0120-176-646
【年間200件の事例】から学ぶ「孤独死対処方法」

千葉県市川市で特殊清掃を依頼する前に知っておくべきこと

[aside type=”normal”] 身内がまさかの孤独死…
なかなか現状を受け入れない方が多いと思いますが、そんな中でもやることはたくさんあって大変な方も多いですよね。
今回は、千葉県市川市の孤独死の現状や、孤独死が起こった際のポイント等をご紹介いたします。[/aside]

市川市の現状


千葉県市川市は千葉県の北西部に位置し、東京に隣接しているベッドタウンとしても有名な場所です。
都心へのアクセスも良いことからか、人口は年々増えている市の一つです。
全国的にも少子高齢化が進んでいると言われていますが、市川市もそれに当てはまり、平成27年度の調査では、65歳以上の方は101,457人であり、5年前に比べると約18,000人も増えている状況となっています。
その中でも、65歳以上の高齢単身者数は5年前から約46%も増え、23,955人となっており、
75歳以上の一人暮らしの方も高齢単身者数の約45%もおり、今後、孤独死等がより一層増えるであろうと危惧されています。
市川市では安否確認の対策として、緊急時に非常ボタンを押すだけで救急隊が駆けつけてくれるような電話や火災報知器等のサービスを行ったり、地域全体での対策を講じています。

もし孤独死が起こったら

もしも
しかしながら、対策を行っていても起きてしまう孤独死。
家族が近くにいらっしゃる場合等はすぐに発見されやすいですが、単身で住んでいる場合は、
毎日安否を確認している人は少なく、急に亡くなった場合、死後数日経ってしまっている場合がほとんどです。
孤独死の死因で多いのは、第一位は悪性腫瘍(がん)、第二位は心疾患(急性心筋梗塞等)です。
特に孤独死で多いとされているのが、心疾患で亡くなるパターンです。
急性心筋梗塞は、昨日まで元気だった人にも起こりうるものなので、発見に時間がかかってしまったりすることも多いのです。
発見に至るパターンでは、異臭等でいつもと違うことで近隣住民が気付くことが多いようです。
夏場等は、死後2日後位より、遺体が腐敗し始める為、孤独死が起こったしまった現場では、異臭等の掃除が通常のようにはいきません。
遺体のある部屋の掃除は、ご自身で行うのではなく、特殊清掃というプロの方に行ってもらいましょう。

特殊清掃で遺品整理も可能

特殊清掃で遺品整理も可能
身内が孤独死をしてしまった場合等、悲しんでいる暇もなく、あれやこれやとやることがふってきます。
特に部屋で亡くなった場合は、警察の調査も色々大変で、ゆっくり遺品整理等もする時間もなかなか持てないのが現状です。
また、場合によっては、部屋に入るには異臭だけでなく、見るも無残な状況な場合もあり、身内の方も入ることが辛い状況の時もあります。
そのような時は、特殊清掃と一緒に遺品整理もお願いしてみましょう。
脱臭マイスターの資格と遺品整理の実績が豊富にあり、多くの特殊清掃業者の評判を聞いて良い業者を選ぶ基準にしてみても良いでしょう。

「千葉県市川市で特殊清掃を依頼する前に知っておくべきこと」まとめ

  • 市川市では、65歳以上の一人暮らしの方が5年間で約46%増加している。
  • 死因は悪性腫瘍や心疾患等で突然死のような場合も多い。
  • 孤独死現場は壮絶な場合が多いので、特殊清掃業者に依頼すると楽でしょう。